「社会」を基準

例えば生活保護や無職、在日の人達がそうだろう。

左翼思想の持ち主もいまや同列扱いかもしれない。彼らに対する異常なバッシングは犯罪者に対する死刑コールに準ずるものがあると思う。
今はまだそれらに対する攻撃は犯罪者に対するほどではない。しかし上記のように彼らが「社会」を基準にして記号で物事を捉えている以上、そして本 質的に闇金相談 島根「安心して抵抗できない相手を殺したいという欲求」で動いている以上、状況さえ許せば、彼らは嬉々として殺人を犯すのは間違いないと考えている。歴 史上でも前例があるしな。 で、話が一番最初に戻るんだが、俺は完全な死刑反対論者ではない。
悪には裁きが必要であると思う。悪党には死を。
でも俺は記号ではなく中身を見る。 そう、俺はここでいつも脱力し人嫌いになる。社会とは善悪を問わず形の定まらない怪物であり、その中にいる普通の人間こそがまさにそれに近いのだから。 私が死刑を賛成するの理由の1つは、サイコキラーという存在が一定数はいるというのもある。本当は、殺人者などは自分がどれほど残忍なコトしたのかに気づいて苦悩して欲しい。