かびの一種

メタボリック症候群とは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多く付着してしまう特性のよくない体重過多が確認されることに縁って、色々な生活習慣病を発症しやすくなります。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があり、大気中にあるオゾン層で一部分が吸収されますが、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を破損させたりして、皮ふに悪い影響をもたらすのです。
陰金田虫というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、尻などの場所に感染、もしくは定着する感染症であり即ち水虫のことです。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植手術」の両方の手術の方法がしきりに導入されています。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、仕事などのストレス、高齢化などの複数の誘因が混ざると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質が、肝臓から分泌される解毒酵素のスムーズな製造活動を促進しているのではないかという新たな事実が判明してきたのです。
痩せたいために1日の総カロリーを抑制する、ほとんど食べない、こうした生活のスタイルが結果として栄養をも不足させ、四肢の冷えを招くことは、しょっちゅう言われていることなのです。
様々な花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性的な睡眠不足になり、次の日起きてからの仕事に悪いダメージを及ぼすことも考えられます。
汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足裏、または指の隙間などに小さめの水疱が現れる病気で、通俗的にはあせもと呼び、足の裏に出現すると水虫と間違われる場合もままあります。
もしも婦人科の検査で現実問題としてエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回り早期閉経だと判明したら、基準値に満たない女性ホルモンを補う治療方法で良くなります。
下が90以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に強い負担がかかった結果、頭の先から足の先まで様々な場所の血管にトラブルが発生して、合併症になってしまう公算が高まるのです。
チェルノブイリ原子力発電所事故の被害者の後追い調査のデータからは、大人に比べると体の小さい子供のほうが分散した放射能の害をより受けやすくなっていることが判明しています。
外から眺めただけでは骨折しているかどうか分からない場合は、ケガをしてしまった部分にある骨をそっと指でプッシュしてみて、もしそのポイントに激しい痛みが響けば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
毎日のようにゴロンと横向きになったままテレビ画面を眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴をいつも履くというような習慣は体の上下左右の均衡が乱れる大きな要素になります。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、4日前後ちゃんとお薬を飲めば、原則としてほとんどの患者さんの自覚症状は消失しますが、イコール食道の粘膜の炎症自体が全快したわけではないので気を付けましょう。