栄養

内臓脂肪型の肥満が診られて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)のうち2〜3個に当てはまるような健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいます。
ダイエットしたいがために摂取カロリーの総量を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、等の暮らしを続けると必要な栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを齎すことは、色んな媒体で問題視されていることなのです。
パソコンモニターの光のちらつきを軽減させる専用眼鏡がことさら人気を集めている訳は、疲れ目の予防策に多くの方々が努めているからだと推測されます。
AEDというのは医療資格を持たない人でも利用できる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の絶大な治療効果を可能にします。
大抵は骨折に至らない程度のごく小さな圧力でも、骨のある決まった部位だけに複数回繰り返しいつまでも力が加わってしまうことで、骨が折れることがあるようです。
もう既に歯の表面を保護している骨を浸食してしまうほど放置してしまった歯周病は、たとえ症状そのものが安定することはあっても、なくなった骨が元の量に復活するようなことはないに等しいと言われています。
学校や幼稚園等の大勢での団体生活の中、花粉症の症状が主因でクラスのみんなと等しくはつらつと行動できないのは、当事者にとっても辛い事でしょう。
バイク事故や建築現場での転落事故など、大きな外力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、酷い時は臓器が破損することもあるのです。
音楽会の開催されるスペースやクラブハウスなどに設置されたとても大きなスピーカーの正面で大きな音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因のウイルス感染症の病名であり、免疫不全を招き些細な病原体による日和見感染やがん等を複数発病する病状のことを指し示します。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)のひとつのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が持つ解毒酵素の自然な創造活動を促進しているのではないかという真実が判明してきたのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の身体の中の脂肪が占有している重さのことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量÷体重(キロ)×100」という式で把握できます。
はりを刺してもらう、という直接的な程よい複数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと呼ばれている謂わば電気信号伝達を誘発すると考えられているようです。
ハーバード大学医学部(HMS)の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯のデカフェコーヒーを飲むと、なんと直腸ガンの危険性を0.52減少させることができたらしい。
ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類することができますが、この中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどが付着して発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる病を中耳炎と称しているのです。