重苦しい

筋緊張性頭痛はデスクワークなどでの肩こり、首の凝り、張りが誘因の肩こり頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような激しい痛さ」「ズシッと重苦しいような頭痛」と言い表されることが多いようです。
V.B6は、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために必要となる回路へ組み込ませるため、再度化学分解するのを促す動きもあるのです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在してクッションと同様の役割をする椎間板(ついかんばん)というやわらかい円形の組織がはみ出てしまった様子のことを称しています。
くも膜下出血(SAH)はそのほとんどが脳動脈瘤と呼ばれる血管にできた不要なコブが裂けて脳内出血する事でなってしまう深刻な病気だということを多くの人が知っています。
ばい菌やウィルスなどの病気を生む病原体(微生物)が呼吸とともに肺へ入り込んで発症し、肺の内部が炎症反応を呈示している様子を「肺炎」と称しています。
男性だけにある前立腺という臓器は成長や働きにアンドロゲンがとても密に関係していますが、前立腺に出現したガンも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)の機能によって大きくなってしまいます。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保持していない一般の人でも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に従って使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効果をみせてくれます。
杉の花粉が飛散する時に、子どもが発熱はしていないのにしょっちゅうくしゃみしたり水っ洟が出続けているような症状に当てはまったら、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの膨大な研究結果によって、予防効果を望めるのは、注射したおよそ2週間後から150日間程ということが明らかになりました。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を落としたり突然変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を身体の内側で解毒し、肝臓のパワーを強める動きが認識されています。
真正細菌の結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「咳」をすることによって外気の中に散布され、空気中でフワフワ移動しているのを今度は別の人が吸い込むことで拡がります。
心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血流が停止し、大事な酸素や栄養を心筋まで配達できず、筋線維そのものが死ぬという深刻な病気です。
「いつも時間に追われている」「面倒なお付き合いが苦手だ」「技術やインフォメーションの進歩に追いつくのが大変」など、ストレスを受けやすい誘因は一人一人違うようです。
外から眺めただけでは骨を折ったかどうか判別できない場合は、疑わしい部分にある骨を優しく触ってみて、もしその箇所に激しい痛みが響けば骨折の可能性があります。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「取り去るべき」と断定しがちですが、本当のところは、我々は大小のストレスを抱えるからこそ、活動することができています。